マインドガードDXで副作用は起こる?起こるとすればどんなもの?

心配そうな女性

マインドガードDXのように不眠解消効果が高いものだと、サプリメントでも副作用を心配される方もいます。
実際、マインドガードDXを飲んで副作用的な症状が出た方はいたのか、調べてみました。

 

効果が出たのはいいのですが、ずっと飲み続けないといけないのか?飲むのを止めたら、またもとに戻るのかな?ということを考えてしまいます。
(30代女性)

 

たくさん飲んだら今よりもっと効くんじゃないかと量を倍にして飲んでみましたが、効果が倍になるといったことはなかったです。
でも、たくさん飲んでも体が不調になったということはありませんでした。
(30代男性)

 

口コミをチェックしても、副作用的な症状が出たというものはありませんでした。
そもそもサプリメントは食品に分類されます。薬のような副作用は起こらないものなんです。
マインドガードDXは、厚生労働省に認定された安全なサプリメントです。長期間飲み続けても、体に害を与える成分は入っていません。

 

上記の口コミのように、たくさん飲んでも効果が上がるものではないので、おすすめ量は守った方がいいですね。たくさん飲むとすぐになくなってしまいます。

また、飲む時間帯を決めておく方が、効果が安定するようです。夜に飲むように習慣づけができると、入眠前のスイッチが入りやすくなります。

 

もう一点、飲み続けることが依存になるのでは?と考えている方もいるようですが、その心配はありません。
サプリは薬と違って体質改善を目的とした健康食品です。様々な原因で減ってしまったリラックスホルモンや睡眠ホルモンの量を正常に戻してスムーズな入眠を促すものです。
飲み続けて正常値に戻れば、マインドガードDXを飲むことなくスムーズに眠れるようになるはずです。

 

ただし、「これさえ飲んでいればいい。」というようなサプリに頼った考えのままでは、いつまでも依存して飲み続けることになります。
サプリを活用しつつ、自分なりのストレス解消法やリラックス法を見つけましょう。

 

睡眠サプリと副作用、考えられるものは何?

睡眠薬というと、「効果があるけど副作用が怖い」というイメージを多くの方が持っているようです。
なので、睡眠サプリも、効果があると評価が高いほど、何か副作用が起こる成分でも入っているんじゃないか?と勘ぐってしまう方もいるようです。
睡眠薬の副作用イメージからくるものだと思いますが、睡眠サプリで考えられる副作用をまとめてみました。

 

睡眠薬は、強い効果の反面、多くの副作用があり、頭痛、ふらつき、倦怠感、慣れてしまうと効果が薄れてしまう、薬への依存と厄介です。
では、睡眠サプリはというと、睡眠薬のような副作用はまず出ないといっていいでしょう。その理由はサプリメントが「薬」ではなく「食品」だからです。

 

睡眠サプリで睡眠薬のような副作用が起きない理由とは?

日本では、薬事法でサプリメントに入れてはいけない成分というものが決められています。
もし、睡眠薬に使われる成分がサプリに入っていると、それはもう「医薬品」となり、サプリメントとして販売は出来ません。
なので、薬の成分によって引き起こされる副作用は、睡眠サプリでは起こらないのです。

 

睡眠サプリで考えられる副作用は?

食べ物で起こる副作用と言えば「食物アレルギー」があります。特定の成分に体が過剰に反応することですが、特定の成分は人によって様々です。
サプリメントは健康食品なので、入っているもので反応が出ないとは言い切れません。天然の食品から摂った成分が入っていることが多いからです。
アレルギーを持っている方の場合、サプリを買う際は入っている成分を確認した方がいいでしょう。

 

外国製サプリは要注意!

成分がしっかりと管理されている日本製サプリとは違い、外国製の睡眠サプリには、日本では禁止されている睡眠薬で使われる成分が入っているものがあります。
全ての外国製のものが悪いわけではありませんが、副作用に悩まされないためにも、購入の際は入っている成分を確認することが大事です。
外国製の睡眠サプリは、輸入販売(個人輸入代行)でネットでも普通に手に入れることができるので、注意しましょう。

 

→マインドガードDXを買うなら公式サイトがおすすめ!